日焼けしたい人でも「日焼け止め」は必須

shutterstock_412656046
日焼けがしたいというならば日焼け止めを塗ると焼けないのではないかという風に思うわけです。しかし、日焼けしたい人であっても日焼け止めを塗ることは忘れないようにするべきです。紫外線を通すことができる水着を着用する場合であっても、日焼け止めを塗ることによってきれいに焼くことが可能です。日焼け止めなしで焼こうとすると火傷に似た症状になるので、きちんとアフターケアをするようにしましょう。

■日焼け止めとサンオイルはどう違うのか?

日焼けをする場合にはサンオイルを塗るというのが当たり前になっています。サンオイルも日焼け止めの一種ですので、選ぶ時にはSPF値やPA値を気にするといいでしょう。サンオイルというのは炎症を起こさずに効果的に日焼けをしていくためのもので、その時はSPF値が低くで、PA値が記載されていないようなものを選ぶことになります。

■サンタンニングと呼ばれるタイプの日焼けを目指す

身体によって良いと呼ばれる日焼けの方法としてサンタンニングと呼ばれる方法があります。それは長い時間を掛けて効果的に日光を浴びることによって、メラニン色素を徐々に増やして、自然な形で体に定着させるような日焼けの方法です。この場合に紫外線量をコントロールする方法として日焼け止めやサンオイルを使用します。それによって肌に負担をかけることなく、小麦色の肌を目指していくわけです。

間違った日焼けの方法をしてしまうと、私たりが理想としている小麦色の肌にならずに、色ムラができたり火傷したりということで体に負担がかかってしまいます。紫外線というのは人体に有害な波ですのできちんと日焼けをするようにしましょう。

■一度に一気に焼こうとしない

日焼けで黒くなるというのは紫外線から体を守ろうとしてメラニンが生成するからです。この働きを利用して小麦色の肌にしようとするわけですが、間違った方法で行うと黒くなるどころの話ではなく、皮膚が炎症を起こして火傷のような状態になります。後日火傷したところの皮膚がはがれることもあって、その部分だけが汚く見えます。一気に短時間で焼くということは止めて、長時間かけて焼くようにします。

■日焼けする時は日焼け止めやサンオイルを効果的に使う

日焼けをしたいという場合は、日焼け止めやサンオイルを使って行いましょう。その時にサンタンニングと呼ばれる方法で焼くようにして、一気に焼くというのではなく、長期間かけてコントロールしながら焼きましょう。

スラリーフを使って肌をきれいにしましょう!